.

自動車重量税、通称重量税は日本の車とかアメ車というような自動車の生産している国やハイブリッドカー、1BOX車というような自動車の形状も関係なく例えば、ミツビシやオペル、等でも変わりなく納付しなくてはならない税金のことをいいます。新車登録をする際、もしくは定期的にある車検の際に払わなければいけない税金なのです。支払額はその車の大きさにより決められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然違う税金なので、しっかり理解して勘違いしないようにしてください。「自動車重量税という税金は自動車の車重毎に」「自動車税はクルマの総排気量毎に」その税額が違います。そして、売却の際の扱われ方違ってきますので、注意が必要です。クルマの売却の時には既に支払った額がどれだけ残っていても、その税金が還ってくることはありませんが、一方で自動車税の場合は支払い済みの金額を売却額に乗っけてくれるといった場合がなくはないですが、重量税の場合は上乗せされるような事例はなかなかありません。重量税はいくら既に支払った税額が残っていると言っても業者でそれが材料になるケースは少ないと思います。なので次の支払い、要は車検まで待ってから買い取りを依頼するという手段がベターでしょう。自動車買取の際は戻ってこない重量税ですがある条件のケースでは返ってくることもあるのです。これにあたるのは、車検期間が残存している廃車として処理する時。というのは廃車申請をすれば、残っている期間に従って額が返ってきます。ただし、車買い取りの際はそのクルマが廃車になるのとは違って返ってきません。そして愛車の名義を変更した際や、盗難被害に遭った場合も返還してもらうことは不可能です。重量税が残っている車を手放すことは要するに車検の効力が残っているクルマということになります。それを買取側も忖度しますので、自動車重量税が残っていれば、そこそこ売却額があがるはずです。当然、査定額は業者により違ってきますが車検の効力が残っているということが忖度されれば、クルマの買取金額と比べるとそんなに損をするということもありません。