.

新聞の広告、電話ボックスに見られる宣伝広告や郵便広告などで、「多重債務の整理整頓やります」「債務を統合したくないですか」という内容の惹句を見かけることがありますよね。こういったものは、「整理屋」「買取業」「つなぎ業者」という名称の企業のだまし広告のときも存在します。それらを使用した場合には自己破産フローの中で最重要な免責許可をもらえない可能性もありえます。「整理業者」の場合は、借金を抱える人は引き寄せ、料金を取り債務整理をするのですが整頓はなされず、当人はより借金スパイラルに堕ちてしまうときがほぼすべてと思われます。「買取専門人」とは負債人の借金で、家電製品、飛行機の券などを多量に仕入れさせ、負債者からそういった物品を定価の1割あるいは額面半値で買い直すという方法です。債務者は短期にはキャッシュが懐に入りますがまもなくクレジット業者から品物の売値の返済請求がくることになり、現実には借金額を増大させる結果になります。このケースだとクレジット会社相手の詐欺に当たるとして免責許諾を手に入れられなくなります。「つなぎ業者」というのは、大企業の貸金業者から拒絶された負債人へ、ダイレクトな資金提供は全然せずに、金貸しを可能である他の貸し手を教えて、高額な料金を請求する悪徳業者です。高度な手引きでお金を貸し出しできたというふうに報告しますが、実際には特に何もせず単に規程の緩やかな会社を知っているだけです。このケースも結局のところ負債を増加させる結果に終わります。