.

なかなかできない、後回しにしやすいのが掃除です。忙しいとさらっと終わらせてしまって汚れが溜まってしまうこともありますし、特に時間のかかる風呂場の水垢落としやキッチンの油汚れをきれいにするのは大変な作業になります。 こうした掃除をする気にさせる方法があります。それは来客の機会です。誰かが自分の家を訪ねて来る時、家の中が散らかっていたり、トイレが汚れていたりすると恥ずかしいものです。ですからそれまでにきれいにしなければという気持ちになるのです。来客の予定がないならば誰かを家に遊びに来るように呼ぶこともできます。 また自分ひとりで掃除すると考えると気が重い場合には家族に協力してもらうことです。休日はどこかに出かけたくなる気持ちになりやすいですが、前もって家族に話しておいて協力してもらうこと、掃除の日のために時間を取り分けることをするならば、自分の気持ちが掃除することに向けて準備するようになっていくのです。 掃除をするとすっきりして気持ちが良くなります。